シンガポール証券取引所(SGX)の新規株式公開市場

2010年のシンガポール証券取引所(SGX)の新規株式公開(IPO)市場は年初は
低迷したものの、これまでに31社が株式を公開しました。
この31社の合計は63.8億Sドルの資金を調達しています。
シンガポール証券取引所(SGX)の2009年のIPOは通年で23件、調達額は
32.1億Sドルでした。

マレーシア系CIMB銀行によると、今後中国、東南アジア、ロシア企業から上場の
問い合わせがあるとしています。
OCBC銀行によると、シンガポール政府系メープルツリー・インベストメンツによる
商業不動産の投資信託(REIT)を含め、数件の不動産投資信託(REIT)の上場があると
しています。

ディールロジックのまとめによると、2010年の1~11月の世界のIPOは1241件で、
2538億米ドル(約25兆円)を調達したとしています。
アジアでの資金調達が半分以上を占め、最大のIPOは中国農業銀行の221億米ドル
(約2兆円)だったとしています。