ミャンマー メディア事業開放

タイの英字紙Bangkok Postではミャンマーでの新しい光としてメディア媒体の
民間参入を認めていく方向であるとしています。
これまでは軍事政権下での厳しいメディア監視の中で、緩和の方向へ向かうと
していて、週刊で発行されているMyanmar Timesでは日刊新聞への切り替えを
準備しています。
4月1日から日刊新聞紙上が認可されると、共同創業者のAustralian Ross
Dunkley氏がコメントしています。

報道の自由度のランキングである 2013 World Press Freedom Indexでは
ミャンマーでは前年の179位から一気に上昇し、151位まで伸びています。

同様にメディアグループのEleven Media Groupでも日刊紙への切り替えを
進めています。
ミャンマー情報省へ日刊紙の印刷の申請を済ませています。
また同じような動きを7社が申請しているとコメントしています。