ミャンマー メディア事業開放

タイの英字紙Bangkok Postではミャンマーでの新しい光としてメディア媒体の
民間参入を認めていく方向であるとしています。
これまでは軍事政権下での厳しいメディア監視の中で、緩和の方向へ向かうと
していて、週刊で発行されているMyanmar Timesでは日刊新聞への切り替えを
準備しています。
4月1日から日刊新聞紙上が認可されると、共同創業者のAustralian Ross
Dunkley氏がコメントしています。

報道の自由度のランキングである 2013 World Press Freedom Indexでは
ミャンマーでは前年の179位から一気に上昇し、151位まで伸びています。

同様にメディアグループのEleven Media Groupでも日刊紙への切り替えを
進めています。
ミャンマー情報省へ日刊紙の印刷の申請を済ませています。
また同じような動きを7社が申請しているとコメントしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。