インドネシア 成長率予測

世界銀行World Bankではインドネシアでは2013年インドネシア国内要素から不安懸念も
あるのでは無いかとコメントを出しています。
インドネシアの成長率に関してインフレの高騰、国民の購買力が牽引しているとし、
世界銀行での予測成長率は当初6.3%から6.2%まで下方修正しています。

リスク要因としては2014年度に向けた大統領選挙、政権のインフラ整備などを
挙げています。
またアセアン諸国との競争もあり、労働力コストの上昇、労働組合の運動も海外からの
投資資金流入での懸念が生まれる可能性を示唆しています。

インドネシア財務省の Agus Martowardojo氏は中小企業、大企業問わず雇用を生み、
経済成長していることを挙げて、新規事業育成を勧めたいとコメント。

インドネシアの投資庁Investment Coordinating Board (BKPM) 会長のM Chatib
Basri氏はそれでもインドネシアの優位性はあるとしています。
新規の投資や会社進出も変わらず好調であるとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。