タイの国防

タイの国防体制は、国王が軍を統帥し、国軍最高司令官が陸・海・空軍を指揮するとしています。
2012年度の総兵力は正規兵が約30万人、予備役約20万人、準備隊(志願制非正規兵)
4.5万人としています。

タイにおける現役兵力と予備役等の合計数は50.5 万人と、
東南アジア他の国 ベトナム(548.2 万人 正規兵48万人 予備役500万人)
インドネシア(70.2 万人 正規兵30万人 予備役40.2万人)となっています。

タイでは徴兵制が取られており、21歳以上の男子は徴兵対象者となります。
2年間の兵役義務があり、対象者が多いため、志願者を除きくじ引きによって決定されます。
参考として
韓国 515万人(正規兵65万人  予備役450万人 )
日本 30万人 (正規兵 24万人 予備役6万人 )
中国 279万人 (正規兵 228万人 予備役 49万人)となっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。