インドネシア チャロンポカパーン・インドネシア (CPIN)

タイの食品財閥であるチャロン・ポカパーン・グループ(CPF)のインドネシア法人
PT Charoen Pokphand Indonesiaチャロンポカパーン・インドネシア (CPIN)ではさらに工場進出を建設します。

2013年度は第1四半期が原材料高騰のため、赤字に陥ったにもかかわらずCPIN ダイレクターのOng Mei Sian氏は次期四半期では黒字回復するだろうとコメントしています。
同社ではRp2兆ルピアを投じて、内訳の50%は鶏肉生産工場の生産能力を増加させます。
25%を養鶏の飼料工場の生産能力を上げ、残りは食品加工工場での投資へ振り分けます。

同社は2012年度の売上21兆3109億ルピア、純利益では2兆6840億ルピアとなっています。
今回の投資の原資は純利益の2.7兆ルピアの中から捻出します。
新工場はバンドン・西ジャワやモジョケルト・東ジャワなどで建設します。
総生産量は+33%の増加を期待しています。

2012年度の生産量は 8億初生ヒナ(DOCs) と、72,000 トンの食品製品を生産しました。
2013年度は9億初生ヒナ(DOCs) と、96,000 トンの食品製品を生産を目指すとしています。
13年度の第1四半期は売上でRp 5.65兆ルピア、純利益はマイナス10%で Rp 9271億ルピアとなっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。