タイ ベタグロ・グループ

タイの畜産・養鶏事業大手のベタグロ・グループではアセアン域内での販売強化を目指し
3年内に2013年度現在海外販売比率で4%である割合を10%まで引き上げるとしています。
同社ではカンボジアCambodia, ラオスLaos, ミャンマーMyanmar 、ベトナムVietnam
などを販売重視国としていて、まずはカンボジアでの飼料生産工場を建設します。

同工場では年産20万トンの飼料を生産し、第2計画として1億6000万バーツを掛けて
1500匹の豚を養豚します。

ベタグロ社では加工食品、調理済み食品などをS-Pureブランド、高級向け製品として販売しています。
またBetagroブランドは中間層向け製品として販売しています。

新しく就任したベタグロ代表取締役Vasit Taepaisitphongse氏はアセアンへ投資することはタイが通過した道をいずれ通過するだろうとしています。

タイ国内では日系企業伊藤ハムと合弁事業を進め、ベタグロ社、伊藤ハム社タイ味の素、
宝永物産4社と、タイに合弁会社「ITOHAM BETAGRO FOODS」(イトウハム・ベタグロフーズ)を2009年設立しています。
2013年度の売上予測は前年比で+15%で 680億バーツを目指すとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。