タイ オイシ(OISHI)

タイの外食・食品グループ オイシグループ(OISHI)Oishi Groupでシンガポール、マレーシアのF&Nビバレッジと共同で緑茶販売を進めると発表しています。

配送/流通のBeverages Marketing Sdn Bhd (F&N ビバレッジ)との業務提携を発表し緑茶ボトルをマレーシアのセブンイレブン店舗1,460店舗で販売開始します。
また同社はマレーシアでの緑茶マーケットシェアのトップを3年内に狙うとしていて、
他の小売店舗やモールの販売を進めるとしています。

F&N 社はマレーシアでのソフトドリンク市場で市場シェア27%を握ります。
72,000店舗のアウトレット、411の配送ルート、5,100の自動販売機にも展開しています。
製造工場は5つあり、マレーシア全土でソフトドリンクを流通させています。

OISHI社ではマレーシアでの茶飲料マーケットはおよそ20億バーツ規模と
推定しています。
ブラックティーが56%、緑茶は40%を占めているとしています。
マレーシアの1人あたりの消費量は0.94本/1名/年間で タイランドの5.8本/1名/年間と
比較してまだまだ低いレベルであるとみています。