タイ オイシ(OISHI)

タイの外食・食品グループ オイシグループ(OISHI)Oishi Groupでシンガポール、マレーシアのF&Nビバレッジと共同で緑茶販売を進めると発表しています。

配送/流通のBeverages Marketing Sdn Bhd (F&N ビバレッジ)との業務提携を発表し緑茶ボトルをマレーシアのセブンイレブン店舗1,460店舗で販売開始します。
また同社はマレーシアでの緑茶マーケットシェアのトップを3年内に狙うとしていて、
他の小売店舗やモールの販売を進めるとしています。

F&N 社はマレーシアでのソフトドリンク市場で市場シェア27%を握ります。
72,000店舗のアウトレット、411の配送ルート、5,100の自動販売機にも展開しています。
製造工場は5つあり、マレーシア全土でソフトドリンクを流通させています。

OISHI社ではマレーシアでの茶飲料マーケットはおよそ20億バーツ規模と
推定しています。
ブラックティーが56%、緑茶は40%を占めているとしています。
マレーシアの1人あたりの消費量は0.94本/1名/年間で タイランドの5.8本/1名/年間と
比較してまだまだ低いレベルであるとみています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。