タイの通販サイト

2013年時点でタイ国民の約35%が通販サイトを利用していて、2013年の電子商取引は
前年の730億バーツから約900億バーツに増えると予想されています。
タイはまだ固定回線も携帯電話回線も不十分なスピードですがネットへの利用者数は
バンコクを中心に急速に増加しつつあります。

多くの通信販売サイトECサイトが乱立する中で、大手の2社CPグループ系通信事業者のTRUE社傘下の「Weloveshopping」はファッションブランドを中心に出店コストを
かなり低く抑えて店舗を集め、現在出展数はNo1になっています。
ファッション・化粧品、など女性商品を中心に展開しています。

2007年に楽天が買収した大手の「TARAD.COM」はITガジェットやカメラ、時計などやや男性寄りの商品を多くそろえています。
タラッド・プレミアム会員になることで独自店舗ページを開設。
本部の指導や販売のための学習機会なども得ることが出来ます。