タイの財閥その1 チャロンポカパーンフーズ(CPF)

タイの食品財閥最大手 CPグループ チャロンポカパーン・グループ。
チャロンポカパーンフーズ(CPF)は農業分野の旗艦企業。
2012年度売上 3789億バーツ(100億ドル)
同グループは謝家(チエンワノン家)が基礎を作ったコングロマリット(複合企業)で、
家畜用飼料の製造業者として設立。
多角化を進め、エビの養殖・販売や鶏肉の生産・ 加工・販売なども取り扱いを始める。
タイ国内における最大の食品企業である。

農業分野以外に食料品の分野を中核事業として、通信分野“TRUE Group”、不動産分野
”CP Land” コンビニ分野”CPALL”に進出し、全部で8つの分野で事業を展開している。

国際的には、ASEAN各国や中国などを中心に世界13カ国に進出している。
特に、中国へは積極的に進出しており 正大集団(チアタイ集団)として知られ、中国最大の外資系企業となっている。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。