タイ AEC統合のセミナー

2015年に控えたアセアン経済共同体(AEC)に向けて
タイの中小企業にとっては6億人市場への事業拡大のチャンスが来ていると
報道されています。
SMEとして6つの分野のパフォーマンスを改善させる必要があるとしています。

AECのビジネス環境として 商務省Niwatthamrong Boonsongpaisan氏は
“AEC and SMEs’ Challenges: Next Step”セミナーの場で
活躍するために社会的、文化的、持続的、経済的、地理的な違いの中での成長
するキーワードを解説しました。今回、
タイ中小企業支援局Office of Small and Medium Sized Enterprises Promotion
(OSMEP)、タイ工業省、タイ商工会議所が協賛してセミナーが開催されました。

Niwatthamrong氏はタイでの認知度は70%を越えているとしながら、実施後はAECの影響は嵐のように
影響するだろうとしています。タイには中小企業が260万社あり、全企業の90%を占めていて
総従業員数の80%を占めています。
また中小企業はタイの粗GDPの37%を占めていて 輸出金額の30%を占めています。