タイの自動車産業ゼネラルモーターズのケース

ゼネラルモーターズ東南アジア事業は、シボレーブランドの
長期的に持続可能な成長を促進支援するため、タイでの事業を
再編する計画を発表しました。

この戦略転換計画によってラヨーンの生産工場、
バンコク本社の機能を含む計画でタイ投資委員会BOIの
フェーズ2となる自動車エコカープロジェクトへの参加も
含みます。
ピックアップ、スポーツユーティリティ(SUV)に
フォーカスすると共に、基本セダンタイプのChevrolet
シボレーブランド、ピックアップトラックのColorado
コロラドブランド、SUVタイプのTrailblazer、
Captivaトレイルブレイザ-、キャプティヴァ小型車のSonic
ソニックなど顧客のライフスタイルに合わせた仕様を
提供していきます。

一方で、インドネシアでは小型MPVシボレースピンの生産を
2015年6月末までに中止。
インドネシアのブカシ現地工場を閉鎖。
インドネシアでの生産撤退を発表しています。
GMとして再参入のインドネシアでしたが、早期に撤退を決定した
ことになります。