タイの不動産中堅のプロパティーパーフェクトが売上300億バーツを目指す

タイの不動産中堅のプロパティーパーフェクト(PF)では、
長期計画で2017年までに売上300億バーツを目指します。
同社は2015年半ばまでに同業のThai Property社(TPROP)を
吸収する予定です。
同様に6月までにホテルセクターで上場中のGrande Asset Hotels 
and Property社(GRAND)を吸収します。
同社の2017年度予想売上では270億バーツが住宅販売から、
30億バーツはホテル事業からの収益になる計画です。

2015年度の売上目標は200億バーツです。
180億バーツが住宅販売、20億バーツはホテル事業収入になります。
2014年度の同社の業績は売上で127億バーツ、前年比+13%増
純利益では3億6300万バーツ、前年比+689%増になりました。

同社のプランでは24の住宅開発プロジェクトが予定されていて、
20は一戸建て、タウンハウス開発、3つはコンドミニアム、
1つはカオヤイでの高級ヴィラの建設になります。
2015-17年までの投資計画では内部資金の活用を優先し、
金融機関からの借り入れ、しかし株式:負債比率は2:1から
1:1までに下げるとしています。

同社ではREITの設立も検討していて、5億バーツ規模の資金を
得る計画です。
また、クルンテープクリター地区の未開発不動産を売却する
計画もあります。