タイ ロシア ベトナム タイ国営石油公社(PTT)

ロシアのロスネフチ・オイル・ガスグループRosneft Oil and Gas Groupは
タイ国営石油公社(PTT)がベトナムで展開する石油コンビナート建設に関して、
ベトナム最大となる石油精製所に戦略的パートナーとして参画する意向を表明
しています。
PTTは2013年8月にニョンホイ石油精製施設Nhon Hoi Oil Refinery Complex
計画を発表。
投資総額は270億USドルになるとしていて、アジア最大級の精製施設になると
しています。

ロスネフチは、ロシア最大の国営石油会社でソビエト連邦時代のソ連石油工業省を母体に
設立された企業です。
現在PTTはベトナムのNhon Hoi地区で大型石油精製所施設を建設中です。

ロスネフチは世界でも有数の石油化学グループでロシア国内サハリン、シベリア、
チェチェンを含む南ロシアにおいて、石油と天然ガスを生産しています。
また他のロシアの新興財閥と同様に石油、天然ガスから派生して船舶、パイプライン及び
販売促進会社を傘下に運営しています。
また、2014年開催予定のソチ・オリンピックのローカルスポンサーとなっています。
石油は年産で2億5000万トン、売上で908億USドル、純利益で104億USドルとなっています。

2013年12月にはインラック・シナワトラYingluck Shinawatra首相がロシアの公式訪問を
予定していて、政府の関係者と民間団体との会談に臨む予定です。