タイ バムルンラード病院(BH)収益増加

タイの首都バンコクの中心部に高級医療病院を展開するBumrungrad Hospital
バムルンラード病院(BH)では第4四半期に6億1700万バーツの利益を出したこと
を発表しています。
よって2013年度の通年業績は 純利益でBt25億バーツ(前年比+27%増)と
なっています。
またBCH病院の株式売却で特別利益5億6700万バーツを得たことも注記しています。

第4四半期は売上で36億バーツで(前年同期比+13%)でした。
診療価格の引き上げや治療項目の増加を挙げています。
同病院の患者比率は61%外国人、39%タイ人となっています。

同病院では病院館内の内装を改装中で今後さらに収益を増加させるため
海外の患者誘致を進めるとしています。
2014年の第1四半期は政情不安からホスピタルツーリズムの減少も予想されますが
同病院ではほぼ横ばいを予想しています。
2010年度は赤シャツグループによる反政府デモがあり、患者流入成長率は+7%でした。
その後リバウンドで2011年度は+10%増、2012年度は+12%増でした。