タイ チャロンポカパーン(CPF)2013年度業績

タイの食品最大手CHAROEN POKPHAND FOODS(CPF)では2013年度の業績は売上で
4045億2400万バーツ 純利益で70億6500万バーツで増収減益でした。
ただし、タイの政情不安にもかかわらず、2014年度は売上でも純利益でも大幅に
増加する見通しを出しています。

同社代表のAdirek Sripratak氏は2014年度は前年比4500億バーツから+10%の
増加を目指します。
2013年度はエビ養殖の病気が広がり、early mortality syndrome(EMS)の影響で
エビ産業のダメージが大きかったとしています。

2013年度は乳製品大手CP-Meiji社の株式60%を取得、ロシアでの養豚事業の株式
69%を取得、高技術ミートプロセッサーを持つベルギーTop Foods社の80%株式を
取得しました。

Adirek代表は食品に関しては人類の基礎的な必要とするもので有り、
大きな政情不安の影響は受けないとしています。
住宅やクルマなど高級品に関しては不安を抱く際には購入決断を遅らせる可能性は
あるものの、食品には影響は軽微であるとの認識を示しています。
またCPFの総売上はタイ国内で34%、残りは海外での売上となっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。