タイのLED市場が成長中

家電大手フィリップスPhilips Electronics(Thailand)ではLED電球などの
LED市場が大きく伸びると期待していてタイの照明市場が大きく増加すると予測
しています。
Philips Electronics(Thailand)では2014年度は600万バーツを掛けて
チェンマイとパタヤへ支店店舗を出します。今後11店舗まで増加する予定です。

同社GMのThanakorn Wongwises氏はLED(light-emitting diode)の市場価格が
適正なものになってきているとし、
2013年度は総市場の17%のBt18億1,000万バーツであったとしています。
またタイ国内総照明市場は101億バーツであるとしています。

タイの電球・照明市場はアセアン域内ではインドネシアに次ぐ規模であり
タイ国内では住宅建設、インフラ建設が進むことから成長が続くと
見込まれています。
タイでは照明大手にLamptitudeという企業があり高級照明家具類を販売しています。

MAI市場にはライトニング&エクイップメント(L&E)が照明器具、生産販売をしていて
2013年度の売上は24億6800万バーツ、純利益では1億4,300万バーツになっています。