タイ人の日本旅行者数の増加

タイでは日本旅行の人気が高まっています。
日本政府観光局(JNTO)では、2012年度の1~7月期に日本を訪れたタイ人は
大震災のあった2011年前年同期比+104.2%増加で2010年一昨年同期比
+17.9%増の 14.8万人に増加しています。
※日本のタイへの訪問者数は年間100万人前後

また雪の無いタイランドでは北海道の観光に人気が高く、食品、スイーツ、
観光などに高い人気を誇ります。

また日本とタイの間でもビザの緩和が開始されています。
タイ人に対する一般短期滞在数次ビザの運用を2012年6月より開始することを
決定しました。
有効期間は最大3年、滞在期間は最大90日間になります。

タイから日本への観光客の増加、ビジネス面での利便性の向上など、
日タイ両国間の交流が更に発展することが期待されます。

これと同じくしてマレーシアでもマレーシア国内に居住するマレーシア人を
対象に、有効期間中は日本の訪問回数の制限のない短期滞在数次査証を発給
すると発表しています。
1回当たりの滞在期間は原則15日間。有効期間は最大3年となります。

外務省はこのビザ発給により、マレーシアから日本への観光客の増加、
ビジネス面での利便性向上など、両国間の交流が促進されると期待しています。

日本政府観光局(JNTO)は、2012年1~7月に日本を訪れたマレーシア人は
前年同期比+75.8%増の69,300人に達しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。