タイ セントラルパタナー(CPN)セントラル・エンバシー2014年5月に開業

タイの商業施設運営最大手セントラル・グループは旧イギリス大使館跡地の
建設中の大型複合施設「セントラル・エンバシー」に関して、2014年5月に
開業する予定と発表しました。
この開発地区は9ライの不動産でWireless通りとPhloenchit通りの間です。
プロジェクトから建設完成まで7年とし高級ショッピングモール、14万4000平米の
商業敷地面積になるとしています。

合計投資金額は180億バーツで60億バーツは不動産取得、70億バーツが建設費用、
50億バーツが内装、ストアデザインに投資しています。
1日の来客数は5万~6万人とし半数が観光・海外からの顧客になると想定しています。
Bottega Veneta, Chanel, Gucci, Hermes, Miu Miu,
Prada and Ralph Lauren200以上の国際的なブランドが入居します。
また高級ホテルのPark Hyatt Bangkokが入居するとしていて、開業イベント期間は
1億バーツを投資するとしています。

タイの観光庁Tourism Authority of Thailand(TAT)では2013年度の海外からの
観光客は2670万人であったとしています。
2013年1月~9月の観光収入は1.18兆バーツであったとしています。