タイ LPNデベロップメント(LPN)

タイのコンドミニアム開発大手LPNデベロップメント(LPN)では10の
開発プロジェクト、合計金額165億~170億バーツを2013年度から開発を開始
すると発表しています。
2013年度の売上規模は前年同期比+10%増になるとしています。

2012年度の売上目標は130億バーツとしていますが、
上半期の業績では売上で33億2900万バーツで 純利益で4億4400万バーツでした。

代表取締役のOpas Sripayak氏は下半期第3四半期で5つのプロジェクトで
合計100億バーツの規模が販売譲渡開始になるとしていて、30億バーツ分が
動くとしています。
第4四半期で残りが動き、合計で130億バーツ、前年比+5%増になる見通しです。

2011年度は売上 124億バーツでした。
現時点でおよそ200億バーツの販売予約分を持っているとしていて年末までに多く
を譲渡できるとしています。
また建設中、販売予約中の分を合わせると2012年度末までで260億バーツまで
伸びると見ています。

LPN社では”Liveable Community”生活できるコミュニティを目指し、CPALL社と提携。
セブンイレブンの店舗をコンドミニアムの階下へ設置する合意をまとめています。
2012年年内に15店舗のコンビニをLPNの開発物件内に設置します。

同社では20年間ですでに86のコンドミニアムを開発済みで
この全ての物件の中にセブンイレブンを設置していく考えを示しています。