日本食レストラン フジグループ

フジ・グループFuji Groupではタイで初めて日本食チェーンを展開した
外食レストランですがミャンマーのヤンゴン市内で2012年3月、第1号店を
開店しました。

実際に開店後はミャンマー人富裕層などを中心に期待以上の集客があり、
好調であるとしています。
ヤンゴン店長のRawiwan Tanaka氏はNation紙のインタビューに対して
毎晩予約無しでは入れない状況になっているとコメント。

入店する客層に関しては地元ミャンマー人で、ミャンマーでの提供価格は
タイ国内の価格+20~40%にもかかわらず支払い金額は+30%以上であると
しています。
価格が高いのはほとんどの原材料をタイから空輸しているため。
タイでは一人当たり価格で850バーツに対してミャンマーでは1200バーツであると
しています。

ヤンゴン市内のショッピング通りであるHanthawaddy Roadではどんどん開発が
進んでいくだろうとしています。
今後カンボジア、ベトナムなどにも出店を計画するとしています。