日本食レストラン フジグループ

フジ・グループFuji Groupではタイで初めて日本食チェーンを展開した
外食レストランですがミャンマーのヤンゴン市内で2012年3月、第1号店を
開店しました。

実際に開店後はミャンマー人富裕層などを中心に期待以上の集客があり、
好調であるとしています。
ヤンゴン店長のRawiwan Tanaka氏はNation紙のインタビューに対して
毎晩予約無しでは入れない状況になっているとコメント。

入店する客層に関しては地元ミャンマー人で、ミャンマーでの提供価格は
タイ国内の価格+20~40%にもかかわらず支払い金額は+30%以上であると
しています。
価格が高いのはほとんどの原材料をタイから空輸しているため。
タイでは一人当たり価格で850バーツに対してミャンマーでは1200バーツであると
しています。

ヤンゴン市内のショッピング通りであるHanthawaddy Roadではどんどん開発が
進んでいくだろうとしています。
今後カンボジア、ベトナムなどにも出店を計画するとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。