タイの美容市場・化粧品事業

タイのコスメティック・化粧品事業では、今後アセアン経済共同体(AEC)が
生まれることでアセアン各国への輸出を期待出来ると見ています。
タイではハーバル(薬草)関係の化粧品の販売量が多く、国内、海外双方に
まだ市場が多くあると見ています。
タイ化粧品製造業協会Thai Cosmetic Manufacturers Association(TCMA)
では化粧品製造国のハブになる可能性もあるとしています。

タイのコスメティック・化粧品事業では、今後アセアン経済共同体(AEC)が
生まれることでアセアン各国への輸出を期待出来ると見ています。
タイではハーバル(薬草)関係の化粧品の販売量が多く、国内、海外双方に
まだ市場が多くあると見ています。
タイ化粧品製造業協会Thai Cosmetic Manufacturers Association(TCMA)
では化粧品製造国のハブになる可能性もあるとしています。

同協会での発表ではタイの2013年度の化粧品産業は2100億バーツで60%は
タイ国内で消費、40%は海外へ輸出するとしています。
800社以上の化粧品製造企業があり、過去5年間の年平均では+18%。
特にアセアン各国へ向けた輸出分野では2020年までに2000億バーツ規模になる
と予測しています。

2015年開催予定のアセアン・ビューティ2015の展示会を開催する、UBM Asia
(Thailand)ではタイの化粧品企業は潜在的な可能性が多くあり、スキンケア部門、
ヘアケア部門などは特に期待出来ると見ています。

タイで有名な化粧品ブランドとしてはHarnn & Thann(ハーン&ターン)は
天然成分のスキンケア、スパ商品などを販売しています。

世界的な大手企業Unilever, Procter & Gamble、花王などはアセアン各国の
ライフスタイルに合わせた商品作りを進めています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。