タイ市場の高騰

・MAIが懸念を示しています。

タイ証券取引所では、タイ証券取引委員会と共に過剰気味になっている市場の
高騰に関して懸念を示しています。
SETタイ証券取引所の上級副代表Prapan Charoenprawatt氏は急激な株価の上昇が
継続する場合、高騰の過熱へなんらかの対処をする必要性を示唆しています。

タイ証券取引所では、タイ証券取引委員会と共に過剰気味になっている市場の
高騰に関して懸念を示しています。
SETタイ証券取引所の上級副代表Prapan Charoenprawatt氏は急激な株価の上昇が
継続する場合、高騰の過熱へなんらかの対処をする必要性を示唆しています。

タイ証券取引所MAI市場では投資家向けに過熱な期待を避けるよう警告したいと
コメントしています。
MAI市場はタイ証券取引所における新興市場であり、
2010年度末で272.79ポイント、2011年度末で264.23ポイント
2012年度末で415.68ポイント、2013年度末で356.8ポイントと言う推移でしたが、
2014年度に入ってからは
1月351.74ポイント、2月376.45ポイント、3月395.33ポイント、4月422.67ポイント、
5月447.74ポイント、6月509.61ポイント、7月549.11ポイント、8月637.93ポイント、
9月698.26ポイントと大きく上昇しています。

今後タイの航空企業であるバンコクエアウェイズBangkok Airways(BA)など大型上場も
控えていて、IPOなどにおける期待過剰も続くとみられています。
また9月には鉄線、ワイヤー大手ラヨーンワイヤーRayong Wire Industries(RWI)が
開始1.6バーツから4.8バーツまで+200%まで上昇するなど、投資家による買い意欲が
強くなっているとしています。