タイの不動産開発スパライがウボンラチャタニで開発を発表

タイの不動産開発スパライ(SPALI)では一戸建てとタウンハウスの発表を
しています。
‘Supalai Ville Ubonratchathani’スパライ・ビラ・ウボンラチャタニは
5.2億バーツを投資して1戸200万バーツ台からの販売価格になります。
同プロジェクトは172戸数で55ワー(1ワーは4平米)の土地に139~171平米の
建物を建設します。

タイの不動産開発スパライ(SPALI)では一戸建てとタウンハウスの発表を
しています。
‘Supalai Ville Ubonratchathani’スパライ・ビラ・ウボンラチャタニは
5.2億バーツを投資して1戸200万バーツ台からの販売価格になります。
同プロジェクトは172戸数で55ワー(1ワーは4平米)の土地に139~171平米の
建物を建設します。

ウボンラチャターニ県はタイの最東部にある県でラオス、カンボジアとの国境
を接しています。
人口規模は1,836,523人(2013年)で近年カンボジアとの国境でも開発が
進んでいます。

スパライ社の2013年度の通年の業績は売上で127億4200万バーツ、純利益では
28億8200万バーツとなっています。