スコータイ県のタバコ農家が、タイの軍事政権が決定した政策に関して反対の表明

スコータイ県は古都としてスコータイ王朝があった都市です。
農作物ではコメ、マンゴー、パパイヤ、タマリンド、バナナなどの巨大農園が
展開されています。
11月、200を越えるタバコ農家がスコータイのタバコ農家協会と共に、タイの
軍事政権が決定した政策に関して反対の表明をする緑のバルーンを打ち上げています。

スコータイ県は古都としてスコータイ王朝があった都市です。
農作物ではコメ、マンゴー、パパイヤ、タマリンド、バナナなどの巨大農園が
展開されています。

11月、200を越えるタバコ農家がスコータイのタバコ農家協会と共に、タイの
軍事政権が決定した政策に関して反対の表明をする緑のバルーンを打ち上げています。

現首相のPrayut Chan-o-cha氏の進める新しいタバコ消費者法案であるTobacco 
Consumption Control Act(TCCA)に関して今回の法案はタイのタバコ農家の雇用
を奪い、生産を減少させる法律であるとし反対表明しています。

今回の法案の下では、農民・農家を代表とする制限が掛けられるなど、当局、
委員会のボードに参加したり、業界の慈善寄付やコミュニティ支援プログラムに
参加することが制限されるなどが含まれています。
スコータイ県にはおよそ5000のタバコ農家があり、年間乾燥したタバコ葉を
1400万キロ生産しています。