マレーシアのビナ・プリ・ホールディングスがインドネシア発電事業の成長をコメント

マレーシアのBina Puri Holdingsビナ・プリ・ホールディングス(BIN)社は
2015年インドネシアで発電事業の計画を発表、上級ダイレクターの
Matthew Tee氏がコメントしました。
しかし、詳細は今後発表されるとしています。
同グループは2015年6月に完成予定のバンテン、南スラウェシ州での水力発電所の
完成を待っているとしています。
同社のバリュエーションも同時に高まると期待しています。

マレーシアのBina Puri Holdingsビナ・プリ・ホールディングス(BIN)社は
2015年インドネシアで発電事業の計画を発表、上級ダイレクターのMatthew Tee氏
がコメントしました。
しかし、詳細は今後発表されるとしています。
同グループは2015年6月に完成予定のバンテン、南スラウェシ州での水力発電所の
完成を待っているとしています。
同社のバリュエーションも同時に高まると期待しています。

ビナプリ社の発電収益は2014年度はおよそ1000万リンギを見込んでいます。
2015年度は1500万リンギの予定で、4.2MW規模の発電所が南スラウェシで
稼働予定です。

2014年末現在ビナプリでは7つのマイクロ・ディーゼル発電所:合計25MW規模の
発電所を運営。
すべてインドネシア国内で展開しています。

ビナプリ社(BIN)は主に建設事業で道路インフラ、高層ビル、不動産開発
コンクリート、建材、そして発電事業を展開しています。
2013年度の通年の業績は売上10億5370万リンギ、純利益では500万リンギでした。
今後発電の分野が非常に成長すると期待していて、インドネシア、タイ、ブルネイ
などでの海外展開の強化も進めていく計画です。