タイ警察における汚職スキャンダルの影響が広がりを見せる

タイ警察における汚職スキャンダルの影響が広がりを見せています。
この汚職は、Pongpat Chayapan旧警察中将を中心に収賄や不敬罪などの容疑で
逮捕され、警官幹部や民間人などが次々と逮捕されました。
タイ警察ではまだ容疑者は多数あり、Pongpat氏の犯罪ネットワークを追求していく
とコメントしています。

タイ警察における汚職スキャンダルの影響が広がりを見せています。
この汚職は、Pongpat Chayapan旧警察中将を中心に収賄や不敬罪などの容疑で
逮捕され、警官幹部や民間人などが次々と逮捕されました。
タイ警察ではまだ容疑者は多数あり、Pongpat氏の犯罪ネットワークを追求していく
とコメントしています。

タイ国家警察のSomyot Pumpunmuang氏はプラユット首相と会合し、犯罪組織の
残り部分を全て解明していくと報告しています。

また、上記のスキャンダルを受けて12月13日にはタイ王国のワチラロンコン
Vajiralongkorn皇太子の妻シーラットSrirasmi皇太子妃が王室の地位を返上し、
離婚をしたと発表しています。

シーラット皇太子妃の親族であるPongpat Chayapan旧警察中将が大規模な犯罪を
行ったことが公表され、12月1日にはシーラット皇太子妃一族に王室が与えた姓を
剥奪し旧姓に戻させるよう命じる発表もされていました。