タイのセメント最大手サイアムセメントSiam Cement(SCC)はノルウェー資本を買収

タイのセメント最大手サイアムセメントSiam Cement(SCC)はノルウェー資本を
買収することを発表しています。
Norner Holding社は石油化学調査企業で、石油天然ガス関連のパイプなど特に
ポリマー関連を扱います。
同じく、インドネシアの包装事業者のインドリス・プリンティングドゥー社にも
投資します。

タイのセメント最大手サイアムセメントSiam Cement(SCC)はノルウェー資本を
買収することを発表しています。
Norner Holding社は石油化学調査企業で、石油天然ガス関連のパイプなど特に
ポリマー関連を扱います。
同じく、インドネシアの包装事業者のインドリス・プリンティングドゥー社にも
投資します。

サイアムセメント子会社SCGケミカルではノーナー社の51%の株式を購入しました。
49%は2015年9月に取得予定です。
総取得額は3.4億バーツ。
4000万バーツの負債も含みます。

また製紙部門のSCGペーパーと日本のレンゴー社との段ボール系合弁事業
タイコンテナーグループThai Containers Group(TCG)ではインドネシアの
インドリス・プリンティングドゥ-社の株式90%を取得しました。
総取得額2.9億バーツ。
6,000万バーツの負債も含みます。

両社ともに高付加価値製品を得意としていて、SCCグループではこれらの商品開発と
投資を積極的に進める計画です。