タイの住宅市場:高齢者向けへの提案住宅:事例LPNデベロップメント

タイの不動産開発業者では環境フレンドリー以外にも高齢者向け対策住宅の
ニーズも高まっているとしています。
タイ国内では既に800万人以上が高齢者となっていてバリアフリー化、
エレベーター、エスカレーター、インフラ整備などの対策も進められるように
なっています。

日本では既に総人口の25%が65歳以上の高齢者であることから、
その住宅コンセプトや技術を学ぶ必要性があるとしていて
タイの住宅開発企業も積極的に同コンセプトの開発を進める計画です。

中間層向けコンドミニアムが多いLPNデベロップメント(LPN)では
高齢者ケア施設を運営するサワンカニベー財団Sawangkanives Foundationと
共に高齢者向けコンドミニアム開発を進めます。
場所はサムットプラカーン県で、同様に同コンセプトでパタヤでも開発予定です。
全ての家族にやさしい間取り、やさしい住居がコンセプトで子供、働く人、
そして高齢者と3世代に快適な住宅作りを目指すとLPN代表取締役の
Opas Sripayak氏はコメントしています。

LPNの2014年度の1月~9月の業績は売上で85億8400万バーツで
純利益では12億7800万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。