マレーシアの上場のクリムは不動産開発にも拡大を進める

マレーシア証券取引所(BURSA)上場のクリムKulim Malaysia
(KUL)では、8000ヘクタールの不動産開発と共に不動産開発事業
に再参入するとしています。

会長のDatuk Kamaruzzaman Abu Kassim氏はシンガポールから
北東部に位置するタンジョン・ベルンコールの農園近くにある
ラダンスンガイパパンLadang Sungai Papanまでの複合開発を
進めるとしています。

同社では2つの戦略的な開発を進めるとしていて、
上記の1つがタンジョン・ベルンコール地区の開発と
もう1つはペトロナス社が開発するペンゲラン地区の
周囲30Kmの範囲の開発。
同地区はシンガポールの真東の地区で湾岸開発と共に
ペトロナス社の製油・石油化学の開発をしています。

同社の親会社はジョホール社で大規模な農園開発と共に
石油ガス開発の拡大も進めています。
インドネシアのスマトラ地区の石油開発1億400万バレル規模の
開発権益も開発を進めていく計画で、15年現在当局の許可待ちの
段階であるとしています。

クリム社の2014年度の業績は売上で10億9370万リンギで
純利益では1億6400万リンギでした。

同社はマレーシアの南部ジョホーバルに本社を構え、
親会社はJohor Corporation社となります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。