タイ オフィスメイト(OFM)

タイ証券取引所二部市場(MAI)に上場していた
インターネット文房具・オフィス用品通販会社オフィスメイト(OFM)は
タイ流通大手セントラル・グループ傘下にある2社
オフィス用品販売チェーン「Office Depoオフィスデポ」
書籍・文房具店「B2S」と経営統合して新会社としてスタート。

上場銘柄もタイ証券取引所一部へ変更し、インターネット、オフライン双方の
総合オフィス文具販売会社として事業拡大を目指します。

今後はセントラルグループのグループ子会社となり、統合後は出資比率は
セントラル・グループのオーナー、ジラティワット家が75%、
オフィスメイト従来の株主が25%となります。

オフィスメイト(OFM)の単体の業績は2012年第3四半期までで
売上12億7700万バーツ、純利益で5441万バーツですが、今後の合併で
2013年度以降の売上はおよそ3倍以上になる見通しです。