タイの大豆飲料大手ラクタソイLACTASOYが新工場を建設予定

タイの大豆飲料大手ラクタソイLACTASOY(未上場)は12億バーツを
掛けて2つの大豆飲料生産工場を建設します。
1つはプラチンブリ県で、もう一つは東北部へ建設します。
タイ国内の健康志向ニーズと輸出面の生産量増加に対応するためと
しています。

プラチンブリ県では200ライの土地に年産で20億パックの
UHT大豆ミルクを生産できる工場を建設します。
総生産量は年産で30億パックまで伸びる見通しです。

もう一つの東北部での建設では100ライを確保して第3工場を
建設する計画です。
海外向けにはASEAN経済共同体(AEC)に向けて近隣諸国への輸出を
強化します。

今後5年内に売上規模は200億バーツまで伸びる予測で、
そのうち30%が輸出になるとしています。
2015年度の見通しでは前年比8%増の110億バーツまで増加する
見通しです。
同社ではタイの大豆飲料の市場シェア55%を握る大豆飲料
最大手企業です。