インドネシアの銀行最大手マンディリ銀行の子会社マンディリ・ツナス、2兆ルピア規模の債券を発行

インドネシアの銀行最大手マンディリ銀行Bank Mandiri(BMRI)の
子会社で、自動車ローンを手掛ける自動車金融会社PTマンディリ・
ツナスフィナンスPT Mandiri Tunas Finance(未上場)が
2兆ルピア規模の債券を発行し、さらなる自動車ローン、バイクローン
への資金にするとしています。

第1段目は6000億ルピアを発行し、同じく証券会社のMandiri Sekuritas
が引き受け先となります。

同社の自動車ローンのほとんど98%が4輪車で2%が二輪を扱っています。
2014年度は90%が自動車新車、10%が中古車と二輪でした。
不良債権率も15年度第2四半期は1.10%となり、14年度末の1.12%から
やや下がっています。

マンディリツナス・フィナンスMandiri Tunas Finance社は
インドネシア第3位のファイナンス会社で、上位にはACC社とBCA Finance
社が占めています。