バンコクでの新規コンドミニアムプロジェクトは1014億バーツの売上額

バンコクでの新規コンドミニアムプロジェクトでは、
近郊を含めた数字で2015年上半期およそ1000億バーツに
なるとしています。
2015年度上半期の数字は1014億バーツで、前年同期比72%増に
なっています。
高級コンドミニアムの価格が上昇していることと、
外国人投資家が購入していることが総額を押し上げていると
しています。

サンシリ(SIRI)社では独自で6つの新規コンドミニアムを発表。
合計120億バーツを下半期に販売開始します。
また高架鉄道運営のBTSと一緒に共同開発するコンドミニアムも
5つ開発予定です。
合計200億バーツとなります。

また、ビール会社大手のシンハー・エステイトSingha Estate(S)では、
アソーク通りに45億バーツ規模のコンドミニアムを建設予定です。
420戸数を開発し、1平米は20万バーツになるとしています。

APタイランド(AP)では113億バーツを2015年上半期販売。
下半期は4つのコンドミニアム合計119億バーツを販売予定です。
合計予約販売額は150億バーツを目指します。

タイコンドミニアム協会によればバンコク首都圏の新規開発額は
15年度上半期 1458億バーツであったとしています。