タイのラチャプラソン地区小売り協会、警備・セキュリティ体制のレベル強化

タイの首都バンコクの商業中心地区のラチャプラソン地区小売り協会
RATCHAPRASONG Square Trade Association(RSTA)が
各大手商業施設でのセキュリティシステムのレベルを高めると
発表しています。
13ある大型の商業施設、オフィスビル団体が協力し合い、
リスク軽減を狙います。

同協会はタイ警察、バンコク都庁、パナソニックのタイ法人
Panasonic Siew Sales Thailand社、Than Tao Mahaprom
Foundation Erawan Bangkokなどと情報共有、提携を行い、
同地区全体の包括的な警備・セキュリティで協力関係を結びます。

2015年年末にはカウントダウン・パーティイベント、
クリスマスイベント、1買い物シーズンなどで同地区は多くの
観光旅行者、タイ国内からの旅行者でにぎわうことが
予想されています。
通常で1日30万~40万人が訪れる同地区は15年度8月にエラワン廟前で
外国人による爆弾テロ事件が発生。
20名以上が犠牲になりました。

現在CCTVカメラを施設外、施設内に2155台設置していて、
70台以上はビルの外側、またスカイウォークを確認できるように
しています。
また、警備員は500名以上が3シフト制で勤務をしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。