インドネシアの上場企業スマートフレン・テレコムは、VoLTEの技術でさらに成長見通し

インドネシアの上場企業スマートフレン・テレコムPT Smartfren 
Telecom(FREN)が4G回線の普及で対応可能な携帯電話端末を
投入します。
スマートフォンの新製品”R2″、”E2″を投入。
ビデオコールサービスなどが可能です。
代表取締役Merza Fachys氏は、VoLTE技術によりデジタル時代の
効率的なデータ通信、通話が可能になるとしています。

同社は2002年設立の携帯電話キャリアであると同時に携帯電話端末も
開発し、Andromaxブランドを展開するエントリーモデルを
販売しています。

今後2016年度に向け4Gネットワークをインドネシア国内160都市で
拡大するとしています。
同社は4G回線で120万人の契約者、その他の回線で1300万人の契約者が
あります。
子会社にはMobile-8 Telecom Finance BV、PT Smart Telecomなどが
あります。

同社の2014年度の業績は売上で2兆9544億ルピア、
純利益-1兆3780億ルピアになっています。