2016年度タイの水掛け祭りソンクランで消費額が上がる見通し

タイの水掛け祭り:ソンクランフェスティバルでは13日~15日が通常の
スケジュールですが、2016年度は16日、17日が土日で5連休となり、
実質12日から始まる都市もあるため、一人当たりの消費額が伸びると
予測されています。

重ねて、タイ政府が発表した4月9日~17日の期間、15,000バーツまでの
消費に関する税控除の方針を打ち出したため、消費が活発化するものと
見られています。

タイ商工会議所大学の調査では前年比+4.5%増の1250億バーツが
消費される予測です。
15年度は1190億バーツ、14年度は1170億バーツでした。

タイの軍事政権では国内の景気刺激策として、同期間での領収書を
受取ることを条件に1万5千バーツまでの消費に関する税控除を
3月29日に発表しています。

今回の政策によってタイ商工会議所大学ではおよそ150億~250億バーツの
消費喚起を行うと予測しています。
タイの北部と東北部では干ばつによる自粛モードもある中で景気浮揚を
カバーする政策になるとしています。