インドネシア上場企業、ファースト・メディアは映画館事業にさらなる投資

インドネシアの上場企業ファースト・メディアFirst Media(KBLV)は
複合企業のリッポーグループの傘下です。
同社では9000億ルピアを投じて映画館事業”Cinemaxxムービーシアター”
の増設を進めます。

Cinemaxx Global Pasifikはインドネシア国内10都市で99のスクリーン展開、
まだシェア率は非常に低いままです。
同国内には1,000以上のスクリーンがありその70%はCineplex 21ブランドです。
映画館市場はまだ十分な成長性があり、将来的に4,000~5,000スクリーンを
展開していくとしています。

Cinemaxxムービーシアターは2015年、およそ1兆ルピアの売上をもたらしていて、
インターネットサービスの売上に次ぐ事業です。
2015年度の業績は売上1兆600億ルピア、純利益-6249億ルピアとなっています。

ファースト・メディア社はメディアコンテンツ、ケーブルTV、インターネット接続
などを提供しています。
ブランド名”HomeCable”は一般消費者向け、”FastNet”は企業向けサービスです。
子会社にはPT Margayu Vatri Chantiqa,PT Ayunda Prima Mitra, PT Link Net,
PT First Media Production, PT First Media News, PT First Media Television
などがあります。