タイ法人のナショナル・ヘルスケア・システム社とSCGケミカルが共同研究

タイ法人のナショナル・ヘルスケア・システムNational Healthcare 
Systems Co(N Health)とサイアムセメント社傘下のSCG
SCG Chemicalsでは共同で医療機器開発を進めるとしています。
タイのヘルスケア市場はさらなる成長を見込まれていて、
タイ医療業界強化を目指し、医療機器の技術革新における協業を
進めます。

第1号案件として医療針、使い捨て可能な医療器具の発表しています。
また国際医療基準Joint Commission International(JCI認証)
などの取得、海外展開も進めます。
タイ国内病院や診療所ではコスト削減・医療ミス軽減が可能になると
しています。

SCG Chemicals社はサイアム・セメント社の子会社です。
同社はプラスチックレジン、オレフィン、石油化学製品、医療機器向け素材
ホームアプライアンス、自動車パーツ、電機関連部品、プラスチック包装
などを製造・販売しています。
2015年度の売上は2004億バーツ、純利益284億バーツでした。