タイのナコンパトム県~チャアムにおける高速道路建設プロジェクト119Kmに関して

タイ運輸省ではタイの西部ナコンパトム県~チャアムにおける
高速道路建設プロジェクト119Kmに関して2016年年末までに
入札を計画しているとしています。
プロジェクト方式はPublic-private-partnership(PPP)
コンセッションです。
総投資額806億バーツとしています。

PPP方式は公民が連携して公共サービス提供を行うスキームで、
民間事業者が計画段階から参加し、設備資産は官が保有したまま
設備投資や運営を民間事業者に任せる民間委託等を含む手法です。
今回の計画では期間30年としています。

タイ国家国営企業政策事務局State Enterprise Policy Office
(SEPO)の事業化事前調査を経た上で入札が実行されます。

タイにはタイ首都高速道路(EXAT)が管理する第1次高速道路と、
バンコクエキスプレスウェイ&メトロ(BEM)が管理する第2次高速道路
があります。
今後はハジャイ~マレーシア高速道路プロジェクト、305億バーツの案件
なども進めていく計画です。