マレーシア系携帯電話キャリアのXLアクシアタは株価上昇

インドネシア第2位の携帯電話事業者であるエクセル・アクシアタ
XL Axiata(EXCL)の株価はインドネシアのベンチマーク指数
(LQ45)に入った後に上昇しました。
LQ45指数はインドネシア証券取引所(IDX)の中の上位45社を
採用し、ジャカルタ証券取引所で最も活発に取引される45銘柄から
なる時価総額加重平均指数です。
1994年7月13日を基準日とし、時価総額を100ポイントとして
算出されています。

エクセル・アクシアタ社はマレーシアのアクシアタ・グループ
Axiata Groupの子会社です。
同社は2016年前半に4Gモバイルブロードバンドネットワークへの
拡大に伴う大きな損失を報告したため、株価が大きく
下落していました。

LQ45に掲載されている株式銘柄は6ヵ月ごとに見直しされていて、
リスト株式構成は会社の財務実績に基づいて変更されます。
今回はLQ45指数の3銘柄が入れ替えられました。

インドネシア最大の石炭生産会社ブミ・リソーシズBumi Resources
(BUMI)
国有建設会社ペンバングナン・プルマハーンPembangunan Prumahan
(PTPP)の不動産開発子会社であるPP Propertiesi(PPRO)がLQ45指数
へ再登場しました。

代わりに小売業者のマタハリ・プトゥラ・プリマ(MPPA)と、
病院オペレーターのシロアム・インターナショナル・ホスピタル(SILO)、
メディア企業グローバル・メディアコム(BMTR)が指数から落ちています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。