タイの証券・銀行グループ、キアナキン・パトラ・ファイナンシャルグループ、企業解説

タイの証券・銀行グループであるキアナキン・パトラ・
ファイナンシャル・グループKiatnakin Phatra Financial 
Group傘下のKianakin Bank(KKP)では、代替ディストリビューション
チャネル事業を拡大していくとしています。

これまでは支店決済、カーディーラーを通じての融資が多かったものの、
近年は戦略的にクライアント個別融資先へ向けて
テーラー的な提案型金融商品を拡大していくとしています。

個人向けローン、住宅ローン、自動車ローンなど”KK SME Car 3x”を
強化していきます。
戦略として”4+1structure”を採用し、4つのサポート機能と販売サポート
機能を備え、データ分析などを行い融資者のフォローアップを
強化していきます。

キアナキン・パタラ・ファイナンシャルは2015年に中堅金融機関の
キアナキン銀行(KK)とパタラ・ファイナンシャル(PHATRA)が合併して
誕生した金融機関です。
2016年度業績は総資産2337億7600万バーツ、純利益55億4600万バーツと
なっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。