タイの発電大手、ラチャブリ・エレクトリシティ・ジェネレーティング、7,500MW規模の発電に関する契約

タイの発電大手企業、ラチャブリ・エレクトリシティ・
ジェネレーティングRatchaburi Electricity Generating 
Holding(RATCH)は、2017年、電力購入契約Power purchasing 
agreement(PPA)、7,500MW規模の発電に関する契約を結んでいます。

この規模の発電をまかなっていくため、同社では100億バーツ規模の
発電所建設などを進めます。
1,058MWの発電のうち、535MWは時間通りに売電が出来るとしていて、
残りはM&Aなど同業他社を購入または協業を進めて発電能力を高めます。

6つの発電所建設プロジェクトを進めており、インドネシアでは
Medco Power内のコンバインサイクル発電所で250MW規模発電が
可能になります。
その他にラオス、フィリピン、オーストラリアなどでも
展開しています。

同社の長期計画では2023年までに10,000MW規模へ発電能力を
引き上げる計画です。
また、総発電の20%以上をリサイクル・自然エネルギーに
シフトします。

2016年には大量輸送機関BTSを運営するBTSホールディングス社など
との共同事業体で、今後開発予定のバンコク首都圏モノレール2路線
ピンクラインとイエローラインの開発運営事業権の入札を勝ち取った
と発表しています。
共同事業体に参加するのはBTSホールディングス(BTS)、
ラチャブリ・エレクトリシティー・ジェネレーティング(RATCH)
ゼネコンの大手シノタイ・エンジニアリング(STEC)となっています。

ラチャブリ・エレクトリシティ・ジェネレーティング(RATCH)社の
2016年度業績は売上514億3700万バーツ、純利益61億6500万バーツと
なっています。 

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。