タイの共通交通カード利用開始は2017年10月を予定

タイの共通交通カードの利用開始時期が2017年10月予定であると、
交通政策企画局(OTTPP:Office of the Transport and 
Traffic Policy and Planning)が発表しています。
利用できるのはバンコク首都圏の大量輸送交通機関BTS、MRT、バス、
水上ボートなどです。

タイ交通政策企画局(OTTPP)ではブランド名称”Spider Web Card”とし、
8月末までにプログラムを導入していく計画です。
その後、試用期間を設けていきBTSスカイトレインのグリーンライン、
MRTのブルーライン、パープルライン、SRTのエアポートリンク、
交通バスシステムBangkok Mass Transit Authority(BMTA)等でも
利用出来る予定です。

交通障害を起こさないよう、交通ITプログラム、チケットゲートプログラム
導入は深夜に慎重に実施されるとしています。
チャトチャック駅(BTSとMRT)やシーロム駅(BTSとMRT)、
パヤタイ駅(BTSとART)などで共通カードを使うことが出来るように
なる予定ですが、全ての駅で2017年10月に完了するわけではないと
しています。
全ての駅とバスに導入される時期は、2018年3月を目途としています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。