タイの共通交通カード利用開始は2017年10月を予定

タイの共通交通カードの利用開始時期が2017年10月予定であると、
交通政策企画局(OTTPP:Office of the Transport and 
Traffic Policy and Planning)が発表しています。
利用できるのはバンコク首都圏の大量輸送交通機関BTS、MRT、バス、
水上ボートなどです。

タイ交通政策企画局(OTTPP)ではブランド名称”Spider Web Card”とし、
8月末までにプログラムを導入していく計画です。
その後、試用期間を設けていきBTSスカイトレインのグリーンライン、
MRTのブルーライン、パープルライン、SRTのエアポートリンク、
交通バスシステムBangkok Mass Transit Authority(BMTA)等でも
利用出来る予定です。

交通障害を起こさないよう、交通ITプログラム、チケットゲートプログラム
導入は深夜に慎重に実施されるとしています。
チャトチャック駅(BTSとMRT)やシーロム駅(BTSとMRT)、
パヤタイ駅(BTSとART)などで共通カードを使うことが出来るように
なる予定ですが、全ての駅で2017年10月に完了するわけではないと
しています。
全ての駅とバスに導入される時期は、2018年3月を目途としています。