タイの食品加工メーカー、Sコンケーンはフランチャイズ事業を拡大予定

タイの食品・加工豚肉メーカー、Sコンケーンフーズ
S. Khonkaen Foods(SORKON)社は、今後3年間で事業規模を
倍増させるため、フランチャイズシステムを通じて
クイックサービスレストラン事業拡大に注力する計画です。

クイックサービスレストラン事業ブランド”Yunnan”と
“Zaap Classic”の店舗数を2016年度末時点38店舗から
100店舗まで伸ばします。

店舗数の80%はフランチャイズシステムで経営し、残りは
Sコンケーン社直営とします。
同社はクイックサービスレストランQSR事業は毎年+20%の
成長を続ける一方、加工食品事業では+4~7%の伸びしか成長が
出来ないため、QSR事業をさらに拡大する予定です。

タイ国内には14の”Zaap Classic”と19の”Yunnan”店舗があります。
カンボジアには3店舗、ラオスには2店舗のレストランがあり、
2017年はカンボジアで新店舗展開を計画しています。
マレーシアとベトナムの投資家と協議していて
近い将来ベトナムへの出店も視野に入れています。

SコンケーンフーズS. Khonkaen Foods(SORKON)社の2016年度
業績は売上27億バーツ、純利益1億900万バーツでした。