2014年度のタイ人訪日旅行者数は前年比+45%増

タイ人の日本への観光旅行者が過去最高になったと報道されています。
2014年度のタイ人訪日旅行者数は前年比+45%増でした。
日本のビザ緩和の政策の影響もありタイ人旅行者が増加しているとしています。

2014年度の海外からの外国人訪日者数は前年比+300万人増加の1341万人になった
としています。
日本円の下落、ビザ緩和が主な理由であると
Japan National Tourism Organisation(JNTO)は発表しています。
2013年度は1036万人で東南アジアからの観光旅行者が増加しました。
タイから日本への旅行者数は657,600人で前年比+45%となりました。
4月がタイ人訪日のピークであり、10万人が来日。
続いて10月が8万人が訪日しています。

2013年7月から観光ビザの免除が開始、LCCが2014年6月から開始され、
エアアジアX、ジェットスターなどが既に就航されています。
近いうちに年間70万人のタイ人が来日すると見込んでいます。

タイ人は東南アジアで第1位で、2位はマレーシアで249,500人、ベトナムが
184,200人でした。
東アジアでは台湾で283万人、韓国で276万人、中国で241万人となっています。
外国人旅行者が消費した金額は2.03兆円で前年比+43%増になっています。