タイ最大の石炭採掘企業、バンプー社は2017年売上が上昇すると期待

タイ最大の石炭採掘企業、バンプーBanpu(BANPU)社は、
2017年売上が前年比20%増加し、16年の22億USドルから
大きく上昇すると期待しています。
同社Somrudee Chaimongkol氏は、世界的な石炭価格上昇で
収益が回復するとしています。

過去2年間で多くの国が再生可能エネルギープロジェクトを
開発してきましたが、石炭火力発電などの需要は依然として
増加しています。
石炭の平均販売価格は2017年予測で1トンあたり63ドル、
2016年の51.50ドルから+20%上昇すると予測しています。
バンプー(BANPU)社は既に2100万トン規模の石炭販売を合意し、
60%分は固定価格で収益を確保しています。

2018年より中国内の火力発電からの石炭需要が増えていく
見通しです。
洪水被害などの影響から、水力発電ではなく石炭火力ニーズが
高まるとされています。
世界的な傾向として太陽光などの再生可能エネルギーが
増えていますが、中国国内では現実的にまだ化石燃料が必要な
状況です。
また、オーストラリアの石炭事業では数多くの合併買収が
行われています。

バンプーBanpu(BANPU)社の2016年度業績は
売上850億9200万バーツ、純利益16億7700万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。