1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. サイアム・セメントがインドネシアの包装会社を買収【タイ・インドネシア:建設資材】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

サイアム・セメントがインドネシアの包装会社を買収【タイ・インドネシア:建設資材】

タイ素材大手サイアム・セメント・グループ(略称SCG)は、
インドネシアの製紙・包装資材企業のファジャール・スルヤ・
ウィセサ(FASW)を買収すると発表しました。

買収金額約6億6500万USドルを投じて、同社の発行済み株式の
55%を取得します。

サイアム・セメント(SCC)の最高経営責任者(CEO)Roo
ngrote Rangsiyopash氏は、今後人口の増えていく
インドネシアで包装事業拡大を進めて行くとしています。

サイアム・セメント・グループ(略称SCG)の包装事業の
利益は16億8000万バーツで、2019年第1四半期の利益の
14.4%を占めました。

サイアム・セメントは傘下の包装材子会社を通じ、
TOB(株式公開買い付け)でファジャール株を取得します。
2019年7~9月期には買い付けが完了する予定です。

ファジャール・スルヤ・ウィセサ(FASW)はインドネシアの
製紙・包装大手企業で、インドネシア証券取引所(IDX)に
上場しています。

1988年に設立され、FajarPaperブランドで包装紙を製造し
年間130万トン以上の生産能力を持っています。
コーテッドデュプレックスボード、クラフトライナーボード、
および段ボール紙のようなさまざまな種類の包装紙材料を
製造しています。

インドネシア証券取引所(IDX)には1994年に上場しました。
2018年業績は売上9兆9383億ルピア、
純利益1兆4053億ルピアでした。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事