タイビバレッジの財閥がグラミー社のデジタル放送チャネル50%取得発表

タイの酒造企業財閥、シリワタナパクディー・ファミリーが所有する
投資会社、Adelfos CoはGMMグラミー(GRAMMY)の子会社で、
デジタルTV放送チャンネルGMM25を運営するGMM Channel Trading 
Co社の株式50%を取得することに合意しました。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、GMM Channel Trading Co社の
新規株式発行分1株100バーツの額面で1200万株の新規発行株式を
売却する予定であるとしています。

GMM Grammy Plcの最高執行責任者、Saithip Montrikul na
Ayudhaya氏は、Adelfos Co社がGMMチャンネルの可能性を
認識しているための出資とコメントしました。

GMM Channel Trading Co社の事業はデジタル放送、
“GMM25″チャンネル、Aタイムメディアラジオ局、GMMテレビ、
Aタイムトラベルツアーなどで構成されています。
ターゲット層は18歳~35歳の若い視聴者です。
今回の投資で、今後もより質の高いコンテンツを作成し、
激しい競争の中でメディア市場での高い優位性を確保したいと
考えています。

タイ・ビバレッジを所有するThapana氏とPanote氏は、
2016年に印刷・メディア大手企業のアマリン・プリンティング
Amarin Printing and Publishing(AMARIN)社の株式購入で
8億5000万バーツを投資しています。