タイの電子決済QRコード統一で大手銀行などが協力

タイ中央銀行Bank Of Thailand(BOT)は
タイ銀行協会(TBA)やクレジットカード大手などと協力し、
QRコード(2次元バーコード)の統一規格導入を発表しました。
2017年10月以降の利用開始を目指しています。

タイ政府が推進している電子決済の普及促進のため、
スマートフォンなどでQRコードを読取り決済を行うシステムの
利便性を高めるとしています。
同システムは金融機関やカード会社、電子決済サービス会社が
異なっていても、各社の携帯端末向けアプリケーションを使い、
同じQRコードを読み取れるようにするような仕様です。

本プロジェクトに協力しているのはタイ銀行協会(TBA)や
アメリカのVISA、中国銀聯カードなどのクレジットカード大手、
電子決済サービスの業界団体のタイ電子決済取引協会(TEPA)、
銀行間決済システム運営のナショナルITMXなどがあります。

既にカシコーン銀行(KBANK)、アユタヤ銀行(BAY)、
サイアムコマーシャル銀行(SCB)などは電子決済、
スマートフォン決済を進めています。
口座間送金、振り込みなどもスマートフォンで可能ですが、
今後QRコード決済普及によりさらにインターネット決済ビジネスも
加速すると見られています。

また、タイのアピサック財務相は、2017年1月に始動した
国家電子決済システム、「プロンプトペイ」の登録者が3,150万件を
突破したことを発表しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。