タイで二輪販売をしているAP Honda社がグレイハウンドGreyhoundと提携

タイで二輪販売をしているAP Honda社では、高級レストラン・
ファッションブランドのグレイハウンドGreyhoundと提携し、
タイ国内で新規事業、Cub Houseブランドを展開していきます。

第1号店はスクンビット地区に建設する予定で、若い世代へ
ファッション・食品飲料、ユニークな製品を提供し、
2020年度までに40店舗を拡大していく計画です。

グレイハウンドはタイ料理レストラン、カフェ、グッズなどを
展開しています。
同ブランドは2014年にGreyhound Co社とGreyhound Cafe Co社の
2社をタイ上場企業サブスリタイSub Sri Thai(SST)が
18.5億バーツで買収しました。

同買収はグレイハウンドの外食チェーン・カフェ事業の地位を
さらに強化し、顧客基盤拡大と国際市場進出を目的としていました。
すでに上海、北京、香港などに15のアウトレットショップを展開し、
今後さらに25店舗まで増やしていく計画です。
候補先としてシンガポール、マレーシア、フィリピン、ドバイなどに
焦点を当てます。

サブスリタイSub Sri Thai(SST)社は倉庫賃貸、書類保管、
海運、物流などをメイン事業で展開してきました。
近年外食チェーン産業へも進出し、グレイハウンドブランドの
アパレルも展開しています。
2016年度業績は売上33億4200万バーツ、
純利益-1億3900万バーツでした。

子会社にはMudman社を中心に、Dunkin’ Donutsを展開する
Golden Donuts(Thailand)社、カフェAu Bon Painを展開する
ABP Cafe(Thailand)社、Baskin-Robbinsアイスクリームを
展開するGolden Scooter(Thailand)社などのタイ国内事業を
それぞれ傘下に収めています。